嫁を動かす

HOW TO WIN WIFE AND INFLUENCE PEOPLE

新元号が決まった件

f:id:move-wife:20190401011123j:image

今回から元号に日本の古典も使われるようになりました。

 

古今和歌集序文に紀貫之さんはアンニョイに綴っております。

小野小町はいにしへのそとほりひめの流なり。あはれなるやうにて強からず。いはばよき女の悩めるところあるに似たり。

意味ですか?わかりません。みどりの小野さんはええ女やけど、足が異常にクサイとか弱点があるんやで~みたいなことが書いてあるのではないでしょうか?知らんけど。

 

ということで新元号は「小野」ということになりました。良いと思います。


新しい元号も決まって新年度も始まります。難しいことがあっても、笑いながら行けば良いと思います。小野さんも今、足を除菌シートで拭き拭きしながら会社に向かっていることでしょう。

 

いつもの何気ない日常の中にこそ大切な瞬間が訪れます。落ち込んでいては見落としてしまいますよ。

 

では、今日はこの歌を皆さんに贈りたいと思います。

「いつはりの なき世なりせば いかばかり 人の言の葉 うれしからまし」

古今和歌集より 詠み人知らず

男女の仲も世の中もウソや偽りが多いですが、少々のウソくらいは大目に見れば良いと思います。そうでないとなんか疲れちゃうからの。

 

さっき嫁とセックスしました。