午後の珈琲

「人生は一杯のコーヒーのようだ」 職場の同僚がワタクシに語った。彼はその言葉を最後に会社を辞めてカフェを始めた。当時のワタクシは、その言葉の意味を理解できなかったのか、しようとしなかったのか、ふと空を見上げて思うことがある。