嫁を動かす

HOW TO WIN WIFE AND INFLUENCE PEOPLE

信貴山のどか村のオニオンスープ池で夢を釣った件

※写真あります。

 

こんにちは。はてな村で釣り師をしていますマスヲといいます。

 

先日、となり村の信貴山のどか村に釣りに出かけて来ましたので、その様子をレポートします。貴重な攻略情報もありますのでしっかりついてきてください。

 

それではいってみよう!

のどか村に着いたった

f:id:move-wife:20180409145149j:plain

というワケで、アンニョイな休日に家族でやってきました。信貴山(しぎさん)のどか村。大阪市内から車で1時間かからないくらいです。

 

特にコレといった目玉はないですが、のどかなのがいいところです。春はいちご狩りやしいたけ狩りが楽しめます。

 

せっかくなのでいちご狩りをしようと思いましたが、すでに定員オーバーでできませんでした。平日でも朝9時半くらいまでに着かないと厳しいようです。

f:id:move-wife:20180409145947j:plain

 

村内に入るとさっそくおネコ様に会いました。こちらに気づいてもまったく動じず寝ておられます。さすがのどか村です。

 

好きなだけモフモフさせてもらえますので、モフりましょう。ピザ屋台の裏辺りで寝ています。

 

ちなみに、にわとり小屋のとれたて卵でいただくTKG(タマゴかけご飯)も売ってますので、とりあえず食べた方がよいと思います。

f:id:move-wife:20180409150434j:plain

 

ひつっじもいます。エサを買わないと近づいてくれませんがモフりたい人はモフりましょう。ヤッギやウサッギもいますが、愛想はありません。のどかに暮らしています。

f:id:move-wife:20180409150642j:plain

 

ちびっ子向けのアスレチックやグラス滑り台もあります。ほっときゃいくらでも遊んでくれますので、親にはありがたいと思います。

 

とりあえずのどか村はこんなとこです。大して人気もないので、のんびりしたい時に出かけるのが良いと思います。

つり池でレッツフィッシィング!

f:id:move-wife:20180409151120j:plain

 

ということで本日のメインです。こちらが、のどか村の端っこにある通称オニオンスープ池です。ワタクシがさっき名付けました。

 

受付小屋にいるハイテンションなオジサンに5百円払って釣り竿とエサとバケツをもらってフィッシィング開始です。時間制限ナシなので好きなだけやれます。

 

ちなみに竿の持ち込みとかは禁止になってますので、貸してもらえるしょぼい竹竿で勝負です。条件はみんな同じですので、他のお客さんに負けないようにしましょう!

f:id:move-wife:20180409151550p:plain

 

オニオンスープ池の全容はこんな感じです。ワタクシが1時間かけて描きました。各ゾーンについて簡単に説明したいと思います。

 

主?ゾーン:この池のヌシである巨大な魚が釣れるかも知れないゾーンです。ただし、掛かったとしても竿が折れて釣りは終了になります。

 

エサ取りゾーン:釣り針には決して掛からない小さなエサ取りの小魚にひたすらエサを食べられるゾーンです。坊主で帰ることになります。

 

天国ゾーン:フナがバンバン釣れます。釣りを楽しみたい人はここで釣ることをオヌヌメします。

 

坊主ゾーン:釣れそうに思えますが、底が浅いので魚がいません。ザリガニを持ち込みのさきイカなどで狙う以外は避けた方が無難です。

 

藻ゾーン:藻が茂っていて釣りにならない場所です。カエルを狙いたい人は敢えて狙ってみるのも良いと思います。

オニオンスープ池で釣れる魚

f:id:move-wife:20180409152334p:plain

 

こんな愉快な仲間達が釣れます。基本的に狙うのはフナです。それ以外は釣れると残念な気持ちになると思います。

 

が、あえて未だ誰も釣り上げたことのない”なんか”を狙ってみるのも良いかもしれません。夢は膨らみます。

ということで釣り開始

f:id:move-wife:20180409153243j:plain

 

ということで、竿を出します。ワタクシは情報がないまま、坊主ゾーンで釣りを始めてしまいました。

 

エサはフナ用のクサイねり餌をオジサンがくれます。針が隠れる程度に小さくつけましょう。大きくしても食いつく大物はいません。

 

池を眺めながら今後の人生についてゆっくり考えるのが良いと思います。釣れると慌ただしくなるので釣れない時間に何をするかが釣りの醍醐味です。

今日のその時

f:id:move-wife:20180409153933j:plain

 

2時間ほど釣り糸を垂らしていると突然やってきました。今日のその時です。たぶんフナと思われる魚が釣れました。

 

ありがたいことです。記念撮影してバケツに入れておきましょう。子供がツンツンしていじめますが、最後に逃がしてあげることで情操教育に良いと思います。

f:id:move-wife:20180409154554j:plain

 

初日が出ると心にも余裕ができますので、ゆっくり釣りを楽しみましょう。大して釣れるもんでもありません。それでいいじゃないですか。

 

ちなみに1匹目を釣るまでに坊主ゾーンで2時間かかりました。天国ゾーンではバンバン釣れてます。父の威厳を子供に見せつけたい方は、天国ゾーンで釣りをしてください。

 

ワタクシはまたゆっくり今後の身の振り方をウキを眺めながら考えることにしました。と、その時、、、

f:id:move-wife:20180409154938j:plain

 

2匹目が来ました。欲のない人のところに魚は掛かるものです。最近、我欲にとらわれる人間が多いように思います。

 

自らを省みて、おっぱい揉みたいなどと欲にまみれていないか反省しましょう。思い通りにいかない人生をどうすれば好転させることができるのか?

 

ワタクシは答えを求めて、釣り糸を垂らしながらD・カーネギー先生の名著「人を動かす」を開くことにしました。※もともと、そういう趣旨のブログです。

 

夏になると、わたしはメーン州へ魚釣りへゆく。ところで、わたしはイチゴミルクが大好物だが、魚は、どういうわけかミミズが好物だ。だから魚釣りをする場合、自分の好物のことは考えず、魚の好物のことを考える。

 

「人を動かす」50ページより引用

なるほど。つまり、自分の欲しいモノよりも相手のほしいモノを考えなさいよということです。嫁さんに花束でも買って帰れば、満ち足りた夫婦生活を取り戻すことができるということです。知らんけど。

 

そんなこんなで4時間ほど粘って釣果は2フナといったところでしょうか。これをどうとるかは人それぞれですが、ワタクシは満足でした。

坊主の時は

f:id:move-wife:20180409170317j:plain

 

つくしです。若干、写真にいやらしい加工を施しました。そこら中に生えていますので摘んで帰りましょう。佃煮にして食べられます。

 

つくしはイヤだという場合は、

f:id:move-wife:20180409170553j:plain

 

タマゴです。にわとり小屋で拾うと1個50円という法外なお値段を請求されますが、何もないよりは良いと思います。

帰り道

f:id:move-wife:20180409164957j:plain

 

桜や菜の花がキレイに咲いていました。花を愛でる余裕を常に持ちたいモノです。何もないようなところですが、何に感動するかは人の気持ち一つのような気がしました。

 

家族でのんびりと釣りを楽しむことができるということは、本当に素晴らしいと思います。世界はとても美しいです。

 

皆さんも、のどか村へぜひ遊びに出かけてみてください。大切ななにかを釣り上げることができるかもしれません。

 

ではでは。

ーアクセスー

ウェブサイト:信貴山のどか村