読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁を動かす

HOW TO WIN WIFE AND INFLUENCE PEOPLE

コーヒーが淹れたそばから蒸発する件

嫁を動かす-幸福な家庭を作る七原則 嫁を動かす

f:id:move-wife:20160226074042j:plain

コーヒーメーカーの底に穴が開いている気がする。

 

コーヒー中毒なワタクシは、毎日、3~4杯分くらい淹れておくのだが、気がついたら量が減っている。

 

故障して温度が高くなって蒸発しているのではないか?


ワタクシは、毎朝コーヒーメーカーで満タンにコーヒーを淹れておく。それを1日で飲むのだが、淹れたコーヒーが常にカップ1杯分くらい減っている。

 

どう考えてもおかしいので、我が家で奇妙なことが起これば、ほぼ間違いなく犯人である容疑者の行動確認をすることにした。すでにお分かりかと思うが、嫁が犯人であるのだが。

 

嫁は、自分でコーヒーを淹れることはない。理由はカンタンで、食器を洗うという行為自体をしないので、デキャンタを洗う必要のあるこの作業はしないのだ。

 

だが、コーヒーや紅茶は飲むので、どうしても飲みたくなればインスタントコーヒーを淹れたり、ティーバッグで紅茶を淹れたりする。ワタクシの洗っておいた食器で。


ワタクシはある日、コーヒーメーカーに豆や水をセットして、落とし始めたのを見計らって、ウンコをするフリをしてトイレで張り込みを開始した。

 

容疑者は、コーヒーがすべて落ちると、おもむろにカップを取り出し、ためらうことなくワタクシが淹れたコーヒーを注ぎ始めた。

 

そして、牛乳と砂糖をたっぷり入れて、いかにもインスタントで淹れました風の偽装を行っていた。彼女は、悪意を持ってワタクシの淹れたコーヒーを盗んでいたのだ。

 

ちなみに、嫁から「コーヒーをもらうね~」と一言、声を掛けられたことなど一度もない。

 

ワタクシは怒りに震えながら、D・カーネギー先生の名著「人を動かす」をトイレで手に取った。

 

幸福な家庭をつくる七原則⑥

 

礼儀を守る

無作法は愛情を破壊する癌だ。それくらいのことは、だれでも知っているはずだが、とかく、家のものに対しては、知らない人に対する場合よりも無作法にふるまう。

 

「人を動かす」337ページより引用

 

嫁は、喫茶店で知らない人からコーヒーを盗むだろうか?いやそんなことは決してしないだろう。しかし、ワタクシのコーヒーは密かに盗み続けている。

 

このことを追及したところで、以前のようにワタクシにツバを吐きかけることになるだろう。最も礼儀を尽くさなければならない相手に、無礼を働き続けているのだ。

 

ワタクシは無礼者にわからせるために、家の中で四六時中すかしっぺをすることでお返しすることにした。

 

以来、我が家では定期的に異臭騒ぎが起こることになった。ワタクシは犯人だと疑われても平然とシラを切る。嫁がそうしているように。


コーヒー程度で何を小さいことをと侮るなかれ。無作法は癌なのだから、転移してどんどん愛情を蝕んでいくのだ。

 

愛情までもが蒸発してしまうその前に、家族に礼儀正しく接しよう。D・カーネギー先生が本に書く数百年以上前から日本には有名なことわざがある。

 

「親しき仲にも礼儀あり」