嫁を動かす

HOW TO WIN WIFE AND INFLUENCE PEOPLE

嫁が土曜日の昼時になると行方不明になる件

f:id:move-wife:20160203160321j:plain

アンニョイな土曜日。

 

昼過ぎまで爆睡して目を覚ますと、嫁と子どもがいない。

 

今まで、何度も同じことがあった。ぐうたらな嫁はいつも昼過ぎまで活動を開始しないのだが、土曜日に限ってキッチリお昼前にはどこかに出かける。

 

どこに行っていたのか尋ねると、実家であったり、カフェであったり、買い物であったりと様々である。

 

土曜日の午前中でなければならない用事ではないので、当初は、まさか、坊さんか医者とでも密会しているのでは???と不安になったこともあった。

 

しかし、彼女と生活を共にする内に、ワタクシはこの不可解な行動の確実な解を得ることができた。

 

我が家で、年間を通して、必ず土曜日の昼間に訪れるイベント。それは、、、

 

「生ゴミの日」

 

彼女は、生ゴミを触りたくないのである。シンクの生ゴミ受けのところに設置している袋を取って、ビニール袋に入れてゴミ捨て場に出すという家事の基本動作を全身全霊をかけて拒否しているのだ。

 

ちなみに、類似した風呂場の排水溝のアミのところに溜まった髪の毛を取って、ゴミ袋に入れるということもできない。

 

結婚して以来、2、3回だけやむを得ず、嫁が生ゴミを袋に入れることがあったのだが、ゴム手袋を何重にもして、ジミー大西ばりにオェーとえずきながら作業をしていたのが印象的であった。

 

彼女としては、少しこのことに引け目を感じているらしく、ワタクシに生ゴミ処理をやってもらえるように、土曜日の昼時に出かけているのだ。

 

昼過ぎにゴミ収集車がやってきて、生ゴミを回収する。その時が確実に過ぎてから帰宅し、「はぁ~忙しかった。生ゴミ捨てといてくれたよね?」と自然に振舞って、彼女の土曜日イベントはクリアとなるのである。

 

 

諸君、ワタクシの愛する嫁は家事をしない。

 

 

だからといって、絶望なんてしない。素手で生ゴミでもなんでも掴んで、ゴミ袋に入れるだけの話だ。

 

ただ、諦めはしない。ワタクシはこの不良嫁を動かしてみせる。それがこのブログのメインテーマなのだ。