読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁を動かす

HOW TO WIN WIFE AND INFLUENCE PEOPLE

春うららな日にオリビアを聴きながら

春うらら - 春のうららかな様子。明るく朗らかで、のどかなさま。 春うらら - 1986年5月7日生まれ。千葉県出身の元AV女優。血液型:O型。身長:155cm。スリーサイズ:B85(C-75)・W56・H84。 ハルウララ - 1996年2月27日生まれ。日本の元競走馬。生涯成績113戦0勝…

東京駅を降りて会社に向かうそこの若いの、聞いてくれ!という件

「社会人を始めました~」みたいなつぶやきをツイッターで眺めながら、若い人はどれくらい人間関係や悩みへの対応について知っているのか不安になった。 かく言うワタクシも、10年以上前スーツを着て颯爽と東京駅を降り立って、会社に向かう希望に胸を膨ら…

世界は誰かの仕事でできている件

「世界は誰かの仕事でできている」 テレビから誰かが問いかけてくる。確かにあなたが今日通った田んぼのあぜ道も、毎日手にしているスマホも、鼻クソほじりながら読んでるブログも誰かが仕事をして作ったモノだ。 ワタクシはワタクシに与えられた仕事をする…

貧乏のストレスから解放される9つのステップを考えた件

自営業者にはウルトラ面倒臭い時期がやってきた。ワタクシは申告する収入が激減しているので、そこまで量があるワケでもないのだが。 そんなこんなで、ここ数日、鼻クソをほじりながら電卓を叩いていた。そして、この一年の売り上げを計算してマジでビビった…

賢者となって新しい人生を始める件

三十日と書いて”みそか”と読むことから、毎月30日を晦日(みそか)といい、特に12月31日を大晦日という。 一年の最後の日である大晦日は、年越し蕎麦を食べたり、除夜の鐘を突いたりして厄災を払い、新年を迎える大切な日である。しかし、正月のモチ代…

ジングルベルが聞けなくて

ジングルベル。クリスマスになると口ずさみたくなる歌であるが、もともとはクリスマスの歌ではない。 英語の歌詞を読んでいくと、ソリにファニーブライトちゃんという女の子を乗せて調子に乗って走っていたら、土手にぶつかってひっくり返ったという悲劇の歌…

もうすぐクリスマスなので道は開ける件

名著「人を動かす」の原題は”How to win friends and influence people”直訳すると、”友を得て人に影響を与える方法”といったところだろうか。ワタクシのブログの副題は、上に書いてある通りなので、直訳すると、”嫁に勝って人に影響を与える方法”。よくわか…

北風は太陽には勝てなかったが、バイキングを作った件

北風と太陽が勝負をした。あそこのババアのコートを脱がせたら勝ちな!北風はピューピュー冷たい風を吹かせた。ババアはさぶぅっ!となってしっかりコートを着込んだ。 続いて太陽の番。太陽は雲間から出てきてババアにやさしく微笑んだ。しばらくすると、バ…

ネコがコタツの中で焼死するのを防いだ件

雪やコンコン、アラレやコンコン、降っては降ってはズンズン積もる♪ ウルサイ。灯油販売の車が爆音でこの曲をかけながら近所を走り回るものだから、たまったもんじゃない。今どき、大阪で石油ストーブを使っている家はあるのだろうか?と不思議に思うのだが…

チャンネル権を手放さない姑にアツアツシチューを流し込んだ件

明治23年11月29日、大日本帝国憲法下で初の帝国議会が開催された。しかし、議会は立法権を持たず政府の法律案に協賛する権利を認められていただけであり、その権限は弱かった。 そのため、昭和に入り大政翼賛会が成立すると軍部の暴走を止めることができず、…

放尿する前から勝利を確信していた件

日本では馴染みがないが、アメリカなんかでは今の時期は感謝祭、thanks givingのお祭りでどこもかしこも賑わっている。どこのスーパーでも七面鳥の丸焼きが山のように積まれていて、とりあえず丸ごと一羽買って家族で食べるのがお約束である。 そもそも、感…

今日まで魔女と戦ってきた自分を泣かせたくない件

ハロウィンになると、オバケがやってくるので家をお化け屋敷風にデコってみたり、オバケの仮装をする習慣が英語圏を中心に広まっていった。 日本ではなぜかコスプレをして遊ぶ日になっているようだが、それはそれで面白いから良いとワタクシは個人的に思って…

メルカリ村に体験移住してみた件

ポルトガルの王子であったエンリケ航海王子は、ジブラルタル海峡を渡りアフリカ西海岸を広く探検し、大航海時代の幕を開いた開拓者(パイオニア)である。 当時、その先は崖になっているなどと信じられていたボジャドール岬を越え、未知の海に初めて到達した…

うまくなくとも正しく栗ご飯を作る件

「偉くなくとも、正しく生きる」 これがワタクシの信念です!と世の中に訴えた偉人がいた。福島県常葉町出身のエンペラー吉田さんというただのじいちゃんである。 人の主義主張は数あれど、万人の心を動かす主張は数少ない。入れ歯が外れるほどの力強さで生…

夏休みが終わらない件

アンニョイな9月。スーパーに並んだキリン秋味に小さい秋を見つけながらもスルーして、半額シールの貼られた商品しか買わず店を後にした。ワタクシの背中に冷たい秋風が通り過ぎていった。 娘氏は夏休みが終わり元気に幼稚園へ登園し、嫁は送り出しから帰っ…

ホンモノの貧困家庭だけど海に来た件

アンニョイな夏休み。嫁にオアシス(スーパー)でショウガを買って来いと言われ、間違えて海に来てしまった。せっかくなので、その様子をレポートする。 適当なことを言っているが、今回はホンモノの貧困にあえぐワタクシが、創意と工夫で金持ちには決してマ…

一か月で不眠症を治した件

アンニュイな夏。引っ越しが終わって2週間が過ぎ、オリンピックやら高校野球を楽しみながら、毎日、ダラダラと過ごしている。 日暮熟睡男(ひぐらしねるお)が起きた頃かなと、どうでもいいことを考えながら、あずきバーをしゃぶっているとふと気が付いた。…

愛する人の持っている電子データは見ない方が良い件

7月も半分がアンニョイに過ぎた。長くロングバケーションを楽しんでいるワタクシではあるが、今週は肉体労働に精を出していた。 先日のブログでも書いていたように、嫁の実家の部屋の片づけをひたすら、ただひたすらに続けるだけの日々。うだるような暑さの…

嫁の実家の部屋で元カレとの写真を発掘した件

1848年1月24日、カリフォルニアの農夫が川の中にいくつかの光り輝く欠片を発見した。 これが高純度の金であることがわかると、このニュースがまたたく間に世界中に広がり、一攫千金を夢見て多くの人がカリフォルニアに押し寄せた。 世にいうゴールドラッシュ…

あと10記事でネタが尽きるピンチはただのピンチな件

50記事を書き終わって冷静に考えたところ、あと10記事も書いたらネタが尽きることが判明し、方向性をイチから考え直した話。

靴がないとしょげていた件

靴がないとしょげていた話。

嫁に新興宗教の信者なのを黙って結婚した件

信仰の違いを乗り越えて、愛と祈りに辿り着き、嫁と神様の祝福の下に心の平和を得た話。